クマのぬいぐるみ好き。スイーツ、温泉&サッカーも大好き夫婦の私的日記でございます。


by chibita_bear
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ソウルレポート №2

9月10日 今日は我々夫婦は単独行動。夕方に父母と弟一家と合流の予定。
地下鉄で行動することに・・方面、駅名などハングルの下に併記されているローマ字を必死に探す。まずは、定番チャムシィルのロッテワールドへ。
c0007567_17571093.jpgc0007567_17572062.jpg

開園前から並んでいると、若い子ばかり。もしかして最年長かも?と思うほど。土曜日なのに意外と空いていて、アトラクションもあまり待たずに乗れる。もともと苦手のジェットコースターは、ベルトをしていても、カーブで体が横に振られて「浮く!」という体験を初めてしました。さすがに刺激好きの国?!
c0007567_183960.jpgお昼は園内のメキシコ料理店で。トルティーヤとメキシカンライス・・奥プレートのライスに添えられているのは、タクアンでした。見た目、ポテトかと思ったが・・しかし、と言うか、やはりと言うべきか「辛い」。

食事の後、チャムシルから地下鉄でサムソン(これは聞きなれた、読みなれた単語で助かった)のコエックスモールへ。ビルの地下にショツピングモールや映画館、水族館、会議場などなどが集積した複合施設。横浜のクイーンズスクエア界隈かお台場と言ったところ。洋服や雑貨などのショップや飲食店が並ぶ。お店を覗いた後、水族館へ。
c0007567_19573479.jpgc0007567_19585847.jpg

水族館で変わった水槽に魚が泳ぐコーナーを発見。クマがレンジで鍋の中の魚を煮てる&ポカリの自販機の中に魚が泳ぐ・・。
c0007567_2213691.jpgc0007567_22131967.jpg

c0007567_22185863.jpgサムソンからイテオンへ・・地下鉄の乗り換えはちょっと緊張。イテオンは米軍基地が傍にあり、外人の多い街。米軍相手のお土産やなどが立ち並ぶ。なぜかわが街・福生(横田基地)をほうふつとさせる雰囲気も・・こんなに都会ではないけれど。

c0007567_2219740.jpg革製品やニセブランドで有名?な街らしいが、面白いものもある。昔の潜水服(頭だけ)を発見。1つ欲しかったが、持って帰れないし・・。
歩いていると「完璧なニセモノあるよ」「本物の?ニセモノ見ていくだけ!」とか怪しげなおじさんたちに、日本語で声を掛けられる。なぜすぐ我々が日本人と分かるのか?しゃべってないのに・・試しに「ネー、ネー(ハイ=Yes)」とか言いながら歩いてみたが、やっぱり見破られた。

また地下鉄で、ミョンドンのホテルへ戻る。約束の夕食の時間まで、まだ間があるので近くを散策。知らない街、特に異国の街を見て歩くのは楽しい。
c0007567_22402044.jpgホテルの部屋にいると、窓の外から大音響が聞こえたので、ホテルを出て音のする方へ歩いてみる。ソウル市庁舎前の広場に人だかり。コンサート?集会?ステージを組み壇上でで歌手が歌い、会場の多くの若者が「rise up korea0910」のロゴ入りのおそろいのTシャッを着て手拍子。バッチを付けた政治家らしき人たちが貴賓席に背広で陣取る。「0910」は9月10日、今日の日付。政治集会か?24時間テレビみたいなノリだけど・・。会場整理のスタッフの学生らしき女の子に、何の集会?政治集会?今日は何かの記念日?とか、好奇心で色々尋ねてみたものの、片言英語通ぜず。でも日本関係の記念日だったらまずかったなと後で反省。

あまり時間はなかったものの、伝統工芸品が並ぶ仁寺洞(インサドン)へ。ロッテは足場がいいホテルで、インサドンへも歩いて10分ぐらい。路地を入ると旧市街のおもむき。陶器や紙製品
などの民芸品をザッと見て歩く。土産物屋へ入ると、必ずヨン様の何々ドウ?と韓国スターのグッズをすすめられる・・驚くべきほどの種類。確かに、丸めたポスターらしきものを紙袋に10数本入れて歩いている女性もいた。とにかく女性のグループが多い!

c0007567_2192970.jpgロッテホテル周辺はヨン様の写真があふれていた。一応記念に写真の前でポーズをまねて、撮っておきましたが・・。免税店を覗いたものの、愛用のコロンもネットで買う方が安い。
 夜は父母と弟一家と合流し、ホテルのレストランで、和・洋・中・韓のブュッフェで韓国ツアー最後の晩餐。デザートコーナーでは、小学生の甥っ子に通訳してもらって、ストロベリーアイスを食べました。さすがに言葉を覚えるのが早い。
9月11日 c0007567_1950832.jpg最終日、昼にホテルを出るため、何処かへ行くのも中途半端な時間だし・・。ホテルの傍のミョンドンの繁華街をぶらつく・・。歩きつかれたので、お馴染みのドトールでお茶。セブンイレブン・ファミマなどコンビニも多い。

c0007567_2111548.jpg韓国は、来週お盆で帰省のラッシュ。土曜から月曜日の3日間だけの短い休みの期間に民族の大移動が起こるそう。デパートや町中のお店では、帰省土産を買い求める人たちでにぎわっていた。店のショーケースや店頭などにお盆の人形飾りやディスプレー、ポスターなども張り出されていた。

金浦から3時50分の飛行機で6時には羽田着。あっと言う間の3泊4日、今度来るときは看板のハングルを少し読めるぐらいになりたいものです。
by chibita_bear | 2005-09-25 18:04 | お出かけ(含 温泉)
突然ですが韓国へ行ってきました。約10年ぶりの海外、自分でパスポートの申請に行った記憶もなく・・。言葉も、「こんにちは」と「ありがと」の2フレーズだけしか覚えられないまま(これすら結局、まともに言うことも出来ず。。)、ソウルに転勤した弟夫婦を頼り、色々ガイドしてもらって初コリア!
9月8日 アシアナ航空で羽田→金浦 4時近くにロッテホテルへチェックイン後、すぐに明洞(ミョンドン)の街を土地勘を養うためにブラブラ探索。早速、「クマ」がキャラクターの洋服屋「ティーニー・ウイニー・ベア」を見つけショッピング。
◇ソウル市内風景①
繁華街のミョンドンよりソウルタワーを望む   ミョンドン大聖堂 

c0007567_2214554.jpgc0007567_2221419.jpg

c0007567_203461.jpg歩道に真っ赤な交通標識がやけに目立つ!?・・後で聞いたらハングルでヤク、「薬屋」の看板だそうです。
ソウルノ道路は歩道の縁石が高く、車道と歩道の高低差がある。また、横断歩道をバイクが人と一緒に渡る(走る)光景にはビックリ。

韓国と言えば焼肉・・ミョンドンの焼肉屋さんにて
サンチュ、大葉などやたらと葉っぱが出てきて包んで食べる。
本場の石焼ビビンバ・・生タマゴを崩し、よくかき混ぜて・・香ばしくて美味。その他、イカ・エビなど、具だくさんの分厚い海鮮チヂミをいただく。
c0007567_21205726.jpgc0007567_2121568.jpg


c0007567_21322672.jpg食事の後、コリアハウスで伝統舞踊や音楽の舞台を見学。食事の後、コリアハウスで伝統舞踊や音楽の舞台を鑑賞。

9月9日
◇ソウル市内風景②
c0007567_2231113.jpg朝食後、朝の散歩に南大門まで 近くでは夜通し屋台が立ち並ぶとか・・朝のため静か

今日は、ジャンボタクシーをチャーターしてもらって、水原(スウォン)観光。ソウル市内から約1時間ほどで「韓国民族村」へ着。民族村は李氏朝鮮時代の家屋が復元され、昔の韓国の生活様式が分かる歴史民俗資料館のような場所で、観光客や小さな子供達が見学に多く訪れていました。

c0007567_215913100.jpgc0007567_21592249.jpg

c0007567_2203953.jpg屋台で売っていた綿菓子のような飴のお菓子。少年2人が実演販売。棒状に伸ばしたお菓子の生地を、2本・・4本・・8本・・と倍々に増やし細くしてゆく変わったアメ?。
お昼は、民俗村の野外食堂で。チヂミ、冷麺、焼き飯、ウドンetc・・食券を買って、それぞれの調理場で出来上がりを待つ。観光地の食堂なのに、調理のオバチャンが本格的に料理する。日本ならバイトの高校生とかがつくるところだが、食にこだわる国民性?

続いて水原城へ。水原は、多くの門やぐらなどが配された城郭に囲まれた街で、万里の長城のよう。急な階段を登り城郭の上を歩いていると、民家の屋根にトウガラシを一面に干している光景を発見。
c0007567_2385921.jpg
c0007567_2310302.jpg

世界文化遺産に指定されている華城へ ナントカ大王様の別荘とか・・日本語ペラペラのお嬢さんに説明を受けながら、広い敷地内を見学。ガイドを頼んでいないのに突如出現し、ボランティアガイドさんなのでしょうか?タッブリ30分以上、ユンソナやBOAのような日本語アクセントで丁寧に説明してくれました。ここはBSで放送されている韓国の歴史ドラマ「チャングムの誓い」のロケ地。ちょうど今日本で放送されていて人気らしい。
c0007567_18131445.jpg
c0007567_23151049.jpg

 水原観光を終え、弟一家の暮らす二村(イチョン)のマンションへおじゃま。高層住宅が立ち並ぶ、主に外国人の多く住むエリアだそうです。
夕食にノリャンジン?の海産市場へ。市場で海産物を買って、買った魚を店で料理してもらって食べる。沖縄那覇の公設市場のようなところでした。新鮮でコリコリっとした「イカ」や「ヒラメ」「カニ」を山盛りの刺身でいただく。ヒラメは葉っぱに包んで、辛みそをつけてもなかなかでしたが、やっぱり醤油とワサビかな?
c0007567_2250390.jpgc0007567_22501597.jpg

c0007567_22542529.jpg活気があって雑多な市場の雰囲気は日本と同じ。でも、こんな夜中まで魚を売ってるとは・・。
 
by chibita_bear | 2005-09-19 22:00 | お出かけ(含 温泉)